ほうねっとのGAMEブログ

ゲーム日記だったりちょっとした解説だったりはては制作だったりするブログです

Kenshi:世紀末生活から

スポンサーリンク

この前のSteamWinterSalesでKenshiが安くなっていたので購入しました。

Stellarisでもイベント関連でポストアポカリプスに触れることはありましたが、実際にそういう環境で遊ぶゲームは初めてだったりします。 過去に動画を見た影響を受けて買った関係上、完全初見プレイではありませんが・・・。

ちなみに影響を受けた動画(ニコ動)↓

https://www.nicovideo.jp/watch/sm32327437

このPonshu氏が制作している【Kenshi】きりたんが荒野を征く【東北きりたん実況】は現在もシリーズが続いている作品で、面白いというだけでなく丁寧編集でゲーム内容も分かりやすいです。 Kenshiが気になっているけど購入に踏み切れない方にはぜひ見てほしい動画です。 長々書くと動画のネタバレになってしまうので紹介はここまでにしておきます。 きりたんかわいい

 

 画面を起動してスタートの状況がいろいろあり、どれにしようかと悩んだ結果スケルトンで始めやすく戦闘関係のシステムや成長がやりやすいであろう指揮官の息子で始めることにしました。 UC(United Cities)と始めから同盟関係にありHN(Holy Nation)と敵対しているので味方に敵を押し付けできる体制を常に確保しつつ勉強できのは(おそらく)魅力的でしょう。 軟弱精神マンには世紀末はこれくらいからが丁度いいのです。 Modは適当に入れてあります(美形、軽量化、建物追加)。

 

とまあいろいろスクショも取って記事を書こうとしていたのですが、Kenshiのスクショがなぜか全破損しておりかなーり長い期間の成長記録が失われてしまいました。 なのでブラックデザートシティで出会うサッドニールなどのユニーク機械を名前を入れてからです。

 

f:id:shounet:20200207001837p:plain

f:id:shounet:20200207001942p:plain

f:id:shounet:20200207001948p:plain

能力はそこそこ強く、重武器(modで追加した錨)と刀で戦うシノビととりあえず薙刀と刀で修行中のサッドニールさん、フラグメントアックス持ちのバーンさんです。 まだ仲間は増やしたいですが、増やす仲間がなかなかいないのです。 まあ厳しかったらmodで対応できるので問題はありません。 武器はボロ小屋という名の宝物小屋と都市連合の各都市から購入し調達しています。 

 

メイトウを求めないのと地道にやれるなら自分たちで武器防具を調達したほうが稼ぎも生まれるのでいいかと思うのですが、特別こだわりがなければ店売り調達で戦闘は十分できる印象です。 ただ、ボロ小屋に行くためには酸性雨対策がいるためヒューマンやシェクでは少し面倒かもしれません。

 

戦闘に関しては最初は本当にどうしようもないくらい弱いですが、命さえあれば負けてもどんどん強くなるので仲間がいれば強くなるのはそこまで難しくなかったりします。 ただ能力値は上がれば上がるほど1行動による上昇幅は小さくなるので50越えた辺りで鍛練はしんどくなるかもです。

 

f:id:shounet:20200207002014p:plain

f:id:shounet:20200207002042p:plain

最初から都市連合と同盟でいる関係上、隣国のホーリーネーションと-100で敵対しており合ったら即戦闘です。 あと、機械なのもありHNとは友好的にはなれません。 私的には初心者の方には指揮官の息子は結構おすすめです。 欠点もあり、ハブ(ボーダーゾーン)スタートで敵対しているHN領を通らずに都市連合の勢力圏にいくのは地味に大変ですが、それさえクリアできればこのゲームでやりたいことが簡単にできるからです。 初期の1ステータスではそこらの野党にすら勝てませんが、一定以上強くなろうとすると必ず戦う必要があるので、強力な味方がいるのは安全面的な意味で非常に重要です。 いくら負けてもいいとしても命を落としてしまったら本末転倒ですので。

 

あと、ステータス値が圧倒的に勝ってても大量の敵にタコ殴りにされると高確率で負けるので複数人で対応するか少数ずつ各個撃破できる体制を維持することもKenshiでは非常に重要です(特に野生動物と戦う場合)。 初代ガンダムでもドズルが言っていたように「戦いは数だよ兄貴」は真理です(ただし絶対ではありません)。

 

まだ仕様だったり他の面白さにも触れれていないので短いですが今回はここまで。 次の記事も未定です。

スポンサーリンク