ほうねっとのGAMEブログ

ゲーム日記だったりちょっとした解説だったりはては制作だったりするブログです

Apex Legend:久々に遊んだ感想

スポンサーリンク

この前にEA社が新たなアンチチートシステムの特許を取ったと情報が出回りました。 実際に、米国特許商標庁(USPTO)のDBに登録されています。 その新たなアンチチートシステムはどんなものかというと「各コンピュータの揮発性メモリにアクセスし、ゲームに不正に干渉している非認定ソフトやチートソフトウェアを検知することができる」というものです。 簡単に言えば、直接コンピュータへアクセスし不正をしていないかチェックするということです。

直接ゲームが起動しているコンピュータのメモリを見に行き、バックグラウンドで走っている不正ソフトを調べるというだけでなく、

・メモリ内の不正ソフト使用の痕跡を調べ、比較することが可能

・アンチチートシステムが各コンピュータに保存されない(改竄防止)

・チート使用があったコンピュータの地理情報をサーバに保存する

これらが正確に実行できるのであれば、革新的な技術と言えるでしょう。 個人的には地理情報の取得というのが非常に興味深く、チート使用があったネカフェからのアクセス遮断や、一般チート使用者の訴訟をも見込んでいるのではないかと考えています。 この技術がどこまで持つかはわかりませんが、特許取得に4年近く経っていると考えればEAがチート対策を行っていたという事実と同時に古いシステム構成である可能性も否定できません。 まあこれから使われるでしょうから評価はそれからでしょう。

 

本題のApexを久々に遊んだ感想ですが、チートや販売業者をほぼ見かけず、リリース当初までとはいきませんが意外と熱をもって遊べる・・・といったところです。 結局ランク93から100まで上がりましたしここ最近では一番やっているゲームかもしれません。

シーズン2はほぼやっておらず、操作感はまだしもバランスや知識はなくなってたので浦島太郎を抜けるまでは苦労しました。 今ではある程度闘えるようになったので武器に関することと、個人的にやってほしくないことを書こうかなと思います。

 

まず武器ですが、バランスは結構変わっててリリース時に強かった武器は全部ナーフされてましたね。 特にウィングマンはダメージ、装弾数ともに弱体化しておりかなーり弱くなった印象を受けました。 まあそれでもまだまだ使えるレベルの強さです。 多少距離があっても胴撃ち41を出せるのはいいところです。

あと、チャージライフルの強さが異常ですね。 下手したらケアパケ武器より強いかもしれないくらい強いです。 弾着ほぼゼロで距離(弾道)補正もいらない、射程距離無制限で距離減衰は250mから、さらにチャージ中も攻撃判定ありで高火力、G7とロングボウの価値はどこにいったんでしょうかね^^; 特に問題なのが長遠距離から楽々火力を出せるところで、エネルギーアモをしっかり確保しておけば遠~中距離はこれ一本で十分なくらいです。 さすがにいつかはナーフされるでしょうが、それまでは見かけたら金ピースキーパーとかケアパケ武器とかでない限り確保したほうがいいでしょう(エネルギーアモの確保も考える必要がありますが)。 

主観で武器ランクを付けるとしたらこんなところでしょうか

S

・チャージライフル

ピースキーパ―

A+

・各種ケアパケ武器

・R-99

・プラウラーSMG(セレクトファイア有)

・R301

・ハボック(タボチャ有)

A-

・スピットファイア

ウィングマン

・ヘムロック

・フラットライン

B

・EVA8

・ディボーション

・トリプルテイク(チョークがあればA-かも)

・G7

・ロングボウ

C

・モザンビーク

・RE45

・P2020

・オルタネーター

 大体こんなところでしょうか。 ケアパケ武器は性能は間違いなくSランクですが、いかんせん慣れてないので使い勝手を考慮してA+としてます。 A+とA-はほぼ差はありませんが、ここは慣れと好みで別れてるだけです。 プラウラーはセレクトファイアがあるかどうかが重要で、私的にはバンガロール+金スコープ+セレクトファイア+プラウラーが一番キルをとれるのでプラウラーはA+としています。 プラウラーは5点で使いたいという人もいますし、ここは人によってやはり変わるところでしょう。

 

 次にApexに限ったことではありませんが、こういう系統のゲームでやってほしくないことを一つだけ書いておきます。

そのやってほしくないことは単独突撃です。 このゲームは相手が初心者だったりミスをした場合以外で2、3人に勝つのはほぼ無理です。 これは降下すぐの話ではなく、中盤終盤すべての状況で言えることです。 たまにスーパープレイで3人を1人で一掃している人がいますが、あれは撃ち合いの際には極力1対1にして対等な撃ち合いを作る工夫ができているから可能なのです。 個人のスキルでどうにかなるとは限らないのが問題で、フォートナイトみたいに建築で強引にはできないですし単純に上を取るだけでは1対1をできる時間は一瞬です。

また、味方に単独突撃をしてる人がいた場合はピンを指したりVCで呼びかけて、離れすぎないように位置関係を呼びかけましょう。 それでも単独行動をやめない場合は自分もそちらに行くか、状況によってはミイラ取りがミイラではありませんがあえて見捨ててバナーだけ回収するしかない場合もあります。 死ぬとすぐに抜けるプレイヤーは結構いますが、それは諦めるしかないです。 野良で勝ちを目指すなら単独突撃をやめることだけは最低条件であり、そうでないと個人プレーがすごく強い人が集まらないとなかなか勝てなくなります。 単独突撃はプレデターや4000ハンマー持ちの人でもへぼやられをすることも普通にあるのです。 もしどうしても突撃したいなら、ピンやVCで最低攻撃に行く意思を示した上で敵のド真ん中へ飛び込まないようにしましょう。 野良でやってると突撃や後退をスムーズにすることが非常に難しいので仕方ないのですが、ピンの確認をしない人はほぼいないので、位置関係を気づかせるためにピンを指すのも意外と有効です(気づいても集合してくれない場合も多いので気休め程度ですが)。 集団行動を完璧に近いようにしたいならパーティを組みましょう。

 

とりあえず書きたいこと書いたのでここまで。 次回はApexかBF5かと

 

追記

記事を書いている途中にチャージライフルがナーフされましたが、そこそこいいバランスに落ち着いたのではないでしょうか。 でもいきなりサイレント修正は不具合を疑うのでやめてほしいですねw

スポンサーリンク