ほうねっとのGAMEブログ

ゲーム日記だったりちょっとした解説だったりはては制作だったりするブログです

BFV:やっぱり兵器は強かった

スポンサーリンク

BFVが発売されて少し経ちましたが、BF1のこともあったのでかなり落ち込むと思っていましたがそれでも思っていたより売り上げが伸びていますね。 何かといわれつつも期待作なのでしょうか。

 

 私も買ってみて遊んでみましたが、日本からPingが安定して低い鯖を見つけるのに苦労しますね^^; さすがに鯖はかなり安定するようになり分隊もきちんと組めるので一安心です(そこで躓くのはまずいのですが)。 

・・・とは言ってもかなりまずい問題は有って、チート対策はお粗末(というかほぼゼロでは)だし戦車は弱すぎて航空機は強すぎるというバランスの問題もあります。 チートは言わずもがなこのまま蔓延すれば他ゲーと同じくすぐに過疎になりますしバランスの問題はテストプレイちゃんとしたのかと思うレベルでひどいものもあります。 例えばコンクエのHAMADAやARRASのような初動で航空機を飛ばせるマップでは、ほぼ確実に相手ベースへの空爆が決まるという問題があります。 しかも強制リスポーン付きなので回避は非常に難しいと散々です。 航空機にも一応力関係はあり・・・

地上目標(対空砲)>戦闘機>爆撃機>地上目標

みたいな図式にならないわけではありませんがこれがうまく機能することは残念ながら稀です。 理由はいくつかあるのですが、一番の問題はお互い不干渉で爆撃で稼ぐのが一番いいとなるからだと考えています。 今現時点のバランスであればイギリスは機関銃8門スピットファイアか20mm4門モスキートを使って爆撃機処理は簡単にできます。 ドイツ側も37㎜砲スツーカで爆撃機を簡単に潰せます。 「スピットファイアもモスキートも爆弾を持てるし、スツーカの37㎜は火力高いじゃん」と思うかもしれませんがわざわざ撃墜のリスク負って敵機を倒しながらヤーボ運用するより爆撃機で地上目標叩いてる方が気持ち貢献できるように思えますしキル数もスコアも圧倒的にいいです。 爆撃機も一応機銃は付いてますが火力としては不足してますし機動性も悪いのでほぼお飾りみたいなものです。 他の理由としてどれだけ上手でも2vs1は勝てませんし、相手に飛行機分隊で連携取られたり、逆に味方に飛行機分隊がいて制空権が完璧だったりすると戦闘機をわざわざ出す必要がなくなります。 自分が飛行機に乗る=地上で動ける人が一人減るということなのでただ上を飛ぶだけだと枠を埋めるだけになる以上、地上部隊にしっかり貢献しやすい爆撃機を乗るのが確実だという点、そして対空砲は戦闘機にはダメージがしっかり入りますが爆撃機には十分にダメージが入らないという点も挙げられるでしょう。 ただ、12月のアプデで対空砲の対爆撃機ダメージ増加や航空機(主に爆撃機)の弱体化が入り航空機の一番の問題ともいえる開幕爆撃ができなくなった(正確にはリスポーンが遅れる)ので今までのように相手が欲張らなかったり2対1でもない限り撃墜不可みたいな状況はなくなりました。 ただし、まだ十分硬いので1対1だとまだ対空砲のほうが不利なのは覚えておいたほうがいいです。 航空機関連がましになったのはいいのですが、アプデで謎なのがなぜか対空自走砲の対航空機ダメージだけでなく対歩兵ダメージまで増加してるんですよね・・・。 正確にダメージ増加値を検証したわけではないのですが、アプデ情報にも記述がありますし地上掃射の効率が明らかに良くなってるのでただでさえ対歩兵戦車と化していた対空自走砲が余計に強くなってしまった感じがすごいです。 ダメージ増加の処理を分けて書けなくなったとかまさかないとないと思います。 ないですよね^^;

 

逆に戦車はゲームバランス上弱すぎます。 理由は歩兵(突撃兵)の火力が高すぎること、弾数制限があり補給が必要なこと、そして部位破壊されると棺桶になる(特に履帯やられると離脱すらできなくなる)のが主な原因でしょうか。 その戦車内でも特に重戦車は不遇でほかの戦車と比べて機動力がない割に盾になれるような固さもないで重戦車とは?となってしまいます。 今作に限って言えば戦車の運用は歩兵の後ろで援護射撃するのがほぼほぼ最適解ですし、分隊を組んで行動してもコンクエストなどで回遊してる敵に出くわすと数の差で全滅します。 何より戦車が脆いということもあって今までのように後ろについて戦車の修理と周囲警戒をしてくれる人(俗にいう修理奴隷)が野良ではほぼ見かけませんし、援護兵で修理するくらいなら突撃兵で回りをしっかり守りつつ相手戦車にパンツァーファウストを打ち込むほうがいい場面のほうが多いです。 長距離なら当然戦車同士の撃ち合いになるので修理奴隷がいればいいのですが、それは1対1に限った話であり弾数制限がある今作では継戦力に限界があるためそれなら一人修理要員で付きっ切りよりかはコンクエストなら回遊や裏どり、フロントラインなら前線要員になったほうがいいよねという話です。

 

これからのアップデート次第ではありますが、おそらくこのバランスが劇的に変わることはないでしょう。 すべてはサイコロの気分次第です

 

後は航空機、戦車のおすすめ装備載せます

航空機

1、索敵カメラ

 個人的には一番壊れてる装備ではないかと考えています。 BFVではスポットはフレア()や望遠鏡、あとは機関銃兵の援護射撃によってできQキーでの敵をお手軽スポットはできなくなりました。 スポットは味方に多大な貢献をすることはBFシリーズをやってきた方ならわかると思いますが、このカメラは撮った際に範囲内にいる敵を全員スポットする仕様となっています(建物の中にいる兵などはスポットできない場合もありますが)。 これを飛行機が持っているのが問題で高度を上げて戦場全体が収まるように写真をとればあら不思議、ほぼすべての敵がスポットされてしまいます。 自スコアもスポットアシストでガンガンあがり、終わったら2位のスコアの倍近くになる場合やそれこそチーターにスコアで勝つ場合すらあります。 何よりこれで偵察機やっているだけで味方がかなり強くなるので早々負けなくなります。 なぜかこの前のアプデでは修正は来ませんでしたが、いつか弱体化するだろうなという装備です。

2、7.7㎜機関銃×8門(スピットファイアVA)

これもなぜ弱体化されないか不思議な装備の一つです。 これを付けるだけで圧倒的火力で戦闘機も爆撃機も溶かすことができます。 実際に使ってみないと強さが実感できない装備ですので、頑張ってスピットファイアVAのランクを1にして改造してみてください。 特に爆撃機が嫌いという人ほど乗ってみることをおすすめします。

アプデの前はこれよりもモスキートで20㎜×4門と連射力上昇のほうが良かったのですが、モスキートが弱体化したので今は制空するならこれ付けたスピットファイアVA一択です。

3、1000kg爆弾

きちんと当てれば重戦車すら一撃で破壊できる素敵爆弾。 これを使えるのはスツーカB1かJU-88かのどちらかですが、JU-88はこの爆弾を取るとなると目玉の50kg×32(アプデで×16になった)を取れなくなるので使うならB1をおすすめします。 アンロックするまではかなりしんどいのが難点ですが、アンロックするだけの価値はあると思います。 当てられないのは慣れの問題なので使いまくりましょう。

4、37㎜砲(スツーカB2)

BETAの記事でも出した例のアレです。 製品版では戦車にも多少ダメージが入るようになり、歩兵殲滅力や航空機への攻撃力は変わらずといったところでしょうか。 こいつで制空なんてできるのか?と思う方もいるかと思いますが、むしろ後ろにつかれても撃退できる可能性がありオーバーシュートさせて37㎜で叩き落すこともできるスツーカB2は個人的には一番気に入ってる制空兼対地攻撃機です。 これを使うには慣れが必須なのとそもそもアンロックするまでがB1より地獄なのもあり使用者がかなり少ないのは残念ですが、爆撃機に飽きたらぜひアンロックを頑張ってほしいです。 アンロックを楽にするために大事な事として、ランク3で取れる地雷ですがそれを取ってしまうと爆弾が消えてダメージを稼ぐものがなくなってしまうので37㎜が取れるようになるまで取らないことです。 後は味方の戦闘機が空戦していたら首突っ込んで支援しましょう。 すぐにアンロックとはいきませんが、これだけ守ってれば多少ましにはなります。 37㎜で制空したいために7.62㎜で制空するとはいったい・・・?とか考えてはいけませんよw

戦車

 1、索敵スコープ

連合枢軸両方の軽戦車のツリーにある装備です。 簡単に説明するとスコープで覗いている際に視界内に収めた敵をスポットするという航空機の索敵カメラほどではないにしても十分凶悪な部類のものになります。 もう一つ強い要因としてこれを機動力のあり歩兵殲滅力の高い軽戦車が持っているというのが問題で、フロントラインやRotterdamのような市街戦マップでは恐ろしい性能を見せます。 20㎜+索敵スコープ+Sマインの38Tを使ってみるとこれの凶悪さがよくわかるかと思います。

 2、榴散弾

 これがあると近距離で歩兵と戦う際の生存性が大きくあがります。 戦車は機銃付いてるし戦車砲当てれば一撃じゃん?と思う人ほど使ってみてほしい一品です。 連合側のバレンタイン対空戦車にこの改造を付けると制空も少しこなせる対歩兵戦車のできあがりです。 そもそも戦車のスプラッシュダメージが低すぎるせいでこれが強く見えるとも言えますが。

3、37㎜ FLAK(Ⅳ号対空戦車)

まず改造でウィルベルウィンドとオスウィンドが変わることが不思議と言いたいところですがまあBFだし・・・と無理やり納得するにしても20㎜×4のウィルベルウィンドが対歩兵戦車と化しているのはどうなの?と思ってしまいますね^^; 20㎜はアプデで多少ましになりましたが微妙に精度悪いし、きちんと当てれるエイムがあっても視界が遮られるので少し回避軌道取られるとダメージ稼げないと割と悲惨です(連合の20㎜×3はもっと微妙な性能ですが)。 37㎜は圧倒的に強いわけではありませんが、現状対空も対地もこっちを使わない理由はないくらいには37㎜の方が優れています。 Warthunderやってる自分の感覚がおかしいだけかもしれませんが、対空戦車のバランスは直さないの?と疑問に思いますね。

 

あとまだ使ってませんが、JU-88のウァッフェンベヘルターを使ったら強いのでは?と考えています。 チーターにだいぶ萎えてるので記事にはたぶんならないです。

 

今回はここまでです。 次はStellarisの記事書きます。

スポンサーリンク