ほうねっとのGAMEブログ

ゲーム日記だったりちょっとした解説だったりはては制作だったりするブログです

オンゲのマナーってなんだろう

突然ですがマナーってなんでしょうか? 現実やゲームに限らず「人」と「人」が関わる場合にはマナーというものが存在します。 でもそれを守れない人もいますし、守る気がそもそもないという人もいるのが現実です。 ゲームでは基本的に規約やゲームシステムに沿ってマナーが出来上がる印象ですが、暴言を言わないことなど常識レベルの事ももちろんマナーとして存在します。

 マナーが悪い人には注意したほうがいい?

ゲームをやっていて悪質な人を見かけたら注意をする人もいるでしょうし、中には改善させようとしている人もいると思います。 しかしそういう人間は何を言っても治りませんし、余計に調子に乗るのがほとんどです。 善意をもって動いてる人もいる中でこんなことを言うのはどうかと思われるでしょうが、そういう人間は精神が幼稚なので自分で痛い目を見ない限りは絶対に直りません。 それに残念ながら本当に小学生などの子供が悪意を持っていたり理解できずに動いてるのではなく、「見た目は大人頭脳は子供」という質の悪い可能性のほうが高いんです。 ハードの種類やゲームによって年齢層が変わるので一概には言えない点もありますけどね。

 そもそもマナーってどんなもの?

さっき悪質なマナー違反者に労力を使うのは無駄と言い切ったのはマナーというものの性質に関係があります。 大辞林第三版でマナーについて調べてみると「行儀。作法。礼儀。」とあります。 マナーという言葉は立ち振る舞い自体を指しており、マナーがいいとかマナーが悪いと使われる訳ですね。

ではマナーよく振舞おう(礼儀正しくでもいいかな)とすると何が必要になってくると思いますか? 「こういうのはAだからBにする」とか「自分と相手の立場は~」といった知識論理だてて考える力、あと立場(ゲームでいうとクランマスターとか)が必要なのでしょうか。 もちろんどれも正解なのですが、一番大事なことが抜けています。 それは思いやりです。

思いやりは心の持ちようで変わる

思いやりというのは知識が豊富だとか賢いかどうかとかは大きなポイントではなく、人が目の前にいようと画面越しにいようとその相手のことをきちんと考えることができるかという点に尽きます。 その相手を考えるというのは頭ではなくの問題なのです。 誤解がないように言っておきますが、心の問題と言っても頭を使わないというわけではありません。 相手に思いやりをもって接しようとしてもポイントがずれていたら逆に迷惑になる場合もあり、本質をとらえる必要もあるからです。

相手のことを考えられない人というのは相手について考えるということすらできない、もしくは完全にわかっててやってるかのどちらかです。 

考えることができないというのは?

前者は「相手はどう思うだろう」といった発想そのものが出てこない人達で、悪気があろうがなかろうが大事なことに気づけません。 だって精神が幼いのですから。 子供をバカにするわけではありませんが、子供に「相手のことを考えて動こうね~」なんて言ってもほとんどできないのと一緒です。 このタイプはゲームでも現実でもよく見るタイプですね。 細かい話になりますが、例えば電車を乗り降りするときに入口付近で立ち止まって後ろの人たちの邪魔をしてる人を都会住の方であれば結構見かけると思います。 こういう人たちで悪気をもって動いてるのはほぼいません。 彼らは入口付近で立ち止まることが他の人の邪魔になることに意識が向いていないのです。 顔を上げて周りをみれば「あ、ここにいたら邪魔やな」と気づく人もいるでしょうが、なぜかそういう人たちはスマホの画面に集中してる人たちが多いんですよね。 

でも迷惑をかけることわかってるのならやめるのでは?

では後者はどうでしょう? どういうものか理解しているならできるのでは?と思うのがほとんどだと思います。 でも先ほどもいったようにそういう人たちは精神年齢が低いのです。 思いやりは知識や賢さが重要というよりは心の問題といったのはここにあります。 昨年にランサムウェア(PCに感染させてファイルをロックし身代金を要求するウイルス)を作って中3が逮捕されていましたが、あれがこのタイプの一例です。 ランサムウェアを作れるだけの技術と才能を持っている彼が自分の行いがどういう影響を及ぼすのかを考える能力に欠けているとは考えにくいでしょう。 それでいて心がきちんと成長していれば自分がランサムウェアをばらまくことで社会や家族に迷惑をかけることを把握して踏みとどまることもできたはずです。 とはいっても中学生に完璧な善悪の判断を求める人は早々いないでしょうし、好奇心や冒険心が倫理観に勝ってしまったとも考えられます。 

実年齢による扱いの変化

もし同じことを成人した大人がやっていれば中学生がやったときと比べてどうでしょう。 当然ですが、数倍以上に叩かれてるはずです。 これは頭や偏差値の良し悪しだけで決まるものなのでしょうか? 違いますよね。 様々な経験を培ってきた実年齢と同じレベルの精神年齢を世間が求めてるからに他ならないのです(精神年齢の具体的な基準はないのですが)。 実際には人生を達観してるような小学生もいるでしょうし、定年超えても子供レベルの駄々こねをする人もいるのです。 それを知っている人のほとんどの人は頭の奥底で実年齢≠精神年齢なのは理解してるはずなのですが・・・人間って難しいですね^^;

ゲームにおいてはどうか

このタイプはオンラインゲームによくいて、上手だけど暴言をまき散らす奴とか自分の思い通りにいかないとキレる奴とか一度は見かけたことがあるのではと思います。 彼らも全員ではないでしょうが自分がへたくそだった時期があるはずなのです。 その経験があれば完璧ではないにしろおおよそ初心者の気持ちというのが理解できているはずなのですが、なぜか明らかな初心者にも自分レベル以上」のことを求めるし、かといって自分が失敗したら愚痴って仲間のせいにするで手が付けられませんw そして一番面倒なのは、同じことをされると怒り狂うという点です。 そりゃあ分かっていようがいまいが相手が嫌がることを自分にされたら普通は怒りますよね。 でも嫌がることは分かっても「あぁ、こう思うんだからほかの人にやるのはやめよう」と考えないのが悲しいところです。

対処法はあるの?

あと大事なこととしてこのタイプに出会ったら「無視(ミュート)、ブロック、通報」で済ませ、関わらないようにしましょう。 話をすること自体が無駄だというのはこれまで見てきたことからわかると思いますが、仮に自分が標的にされて同じことをやり返したらあなたも同罪です。 少なくともシステム的にはお互いに黒であることは忘れないようにしましょう。 ゲーム内の成績が荒らしとかのせいで悪くなってもそこは割り切るしかないのです。 運営がまともなら鼬ごっこであっても対処は怠らないはずなので・・・。 ただ、運営に過度な期待はしないほうがいいです。 なぜなら画像や動画といった証拠を提出しても運営がアカウント停止をしたりしない場合もあります(実体験)。 「そんなことあるの?」と思われる方もいるでしょうが、アカウント停止や凍結の基準は運営によって違うので自分がやることやっても思ってる通りになることはまれです。 最近では差別発言やポリコレ、あとチート対策に力を入れている運営は多い印象ですが、ただの暴言や数度のTKや味方の妨害では運営はまだまだ動きません。 なので最初に言った「無視(ミュート)、ブロック、通報」自衛が大事となってくるのです。

 ゲームを楽しく遊ぶ上で大事なこと

最後にここまで読んで頂けた方たちに伝えたいこととして、大事なのは自分の精神年齢が下がらないようにすることです。 これゲームを楽しく遊ぶ上ですごい重要です。 オンラインで対人のゲームをやっていればうまくいかなかったり自分はうまくいっても味方が弱くて負けたりしてイライラすることは誰でもあります。 そんなときは他の人に矛先を向けたくなるものですが、そこでやり続けてもほとんどうまくいかない→余計にイライラするのループなのでスパッとゲームを終了して別のことをするか違うゲームをやって矛が収まるのを待ちましょう。 特にゲームをうまくなりたいとか成績を上げたいと思う人はなおさらです。 もしやりこみたいなどの理由でむかつく状態でも同じゲームがしたいのであれば、対人戦は避けて一人でゆっくり遊べるもので練習するのがいいかと思います。 FPSのBOT撃ちなどがそれにあたりますね。 冷静さを欠いている状態でオンゲをしても勝ち負けに関係なく精神上よろしくないので、AIとお付き合いするかゲームから離れて音楽や動画を楽しむのが一番いいでしょう。 「ほんとにそれでいいんか?」と思う人にこそ試してみてほしいです。 これを守ってればゲームがだいぶ楽しくなるはずです。 プロは別として単純にゲームを楽しみたいという人はルールと節度を守って好きなように遊べばいいのですから。 ストレス溜めるようならお金と時間がもったいないですしやらないほうがいいですしね。

 

 補足1:精神年齢が高いというのは?

精神年齢が高い、低いというのはどういう基準で決まるのでしょうか。 googleで”精神年齢”と検索すると精神年齢テストみたいなのが上にくると思います。 そういったテストはネット上だけでなく紙媒体でもたまーに話されてますが、そこにどんな基準があるのでしょう? 

まず目につくのは気持ちの余裕を問う質問です。 言ってみれば心に余裕があるかどうかという話ですね。 気持ちに余裕がある人のほとんどは罵倒や暴言をスルーできます。 私は言われたら嫌な気持ちになるし応答するのも嫌なので通信切りますがw 聞き流せるくらいの度量を持ってる人は素晴らしいですね。 あとは我慢強さを問う質問も多いですね。 ただ、我慢強いといっても忍耐には限界というものがありますから我慢し過ぎは禁物です。 あくまで耐久値が高いだけで爆発しないように気をつける必要があります。 あとは夢や好奇心の有無を聞いてきますね。 これ精神年齢関係ある?と思っていますが実際どうかはわかりません。 夢がない未成年もいれば定年後に自分のしたいこと始めてるひともいるのでなんとも言えないです^^;

寛大で我慢強く、目標がある・・・。 でもこんな人ばかりではないですし、そもそも今回のマナーに関する件だけで言えば高ければいいというわけではないでしょう(高さ低さより年齢不相応な幼稚さが重要)。 要素が多すぎてこれといった結論は出しづらいのですが、私個人としては感情のコントロールをどれだけできるかが一番大事なのではないかと考えています。 感情が湧き出るのは当然のことなので、それの扱いをどうするかで決まるのではないのでしょうか。

補足2:ポリコレって何?

ポリコレとはポリティカル・コレクトネスといって政治的、社会的に言い方を中立的なものにし偏見、差別をなくそうというものです。 日本語役だと政治的に正しい言葉づかいでしょうか。 政治的に正しいとは何かという疑問はありますがここでは無視するとして、偏見や差別につながる言い方をなくす動きはありますね。 有名どころでいうと「障害者」と「障がい者」、「はだいろ」と「うすだいだい」といった言葉です。 ポリコレに関しては賛否様々あるでしょうが(気になる人はポリコレ棒で検索)、差別的な発言は世界的にも厳しくみられるのでゲーム内で発言し悪質であると判断されれば一発アウトでしょう。 神経質になる必要はありませんが、ネットで知った言葉を安易に言うのは避けましょう。

補足3:マナー悪い奴なんてほとんどみかけないんだが

ある意味当然と言えば当然です。 この記事書いてる人間がこんなこというのもなんですがそんな人は少数派であることがほとんどです。 マナーが悪い人やルールを破る人ばっかりなゲームはすぐ廃れるので話題にすら上がらなくなります。 対戦ゲームで実力差がありすぎて面白くないとかはよくありますがそれは個人より運営の問題なのでマナーとは直接関係のある話ではありません(間接的な関係は十分ある)。 そういったマナーがなってない人やチートを使う人は印象に残りやすいので実際の人数より多く感じてしまうものです。

補足4:運営が仕事しない場合

 見限ってやめることをおすすめします。 運営がまともに機能していないゲームは自浄作用がないといっているのと同じで神ゲーであってもすぐに廃れます。 2016年に発売したThe Divisionというゲームはグラフィックやストーリーはすごく良かったのですが、チート対策やサーバの強化をまともにしなかったせいで人口が一気に減って過疎になった例です。

今回のマナーの話で言えば民度が低いといえばいいのでしょうか、全体的にバッドマナーが横行する例はいくつもあります。 具体名は伏せておきますが民度が悪くなりやすいゲームの特徴は・・・

e-sportsなどで金が絡む

・対戦系ゲーム、特にFPSや格ゲー

・通報しても運営が仕事をした形跡がない

副アカで遊びやすい

対戦で他の味方への依存度が高い

・プレイヤーの戦績が特徴づけて表される

チームを組んで遊ぶと大幅に有利になる

ここに書いてある特徴のあるゲームは民度が悪くなりやすい傾向にあると思います。 特に味方へかなり依存せざるを得ないゲームで民度がいいゲームは見たことがないです。 ここに書いていることはプレイヤーのイライラを助長させやすい要素優越感を煽る要素が大半を占めています。 だから全体的に幼稚な人が増え、結果として民度が悪くなるのです。 精神的に幼稚でない!と思う人でもここに書いてある特徴に当てはまるゲームをするときは気をつけてください。 熱を入れすぎると飲み込まれますよ。