ほうねっとのGAMEブログ

ゲーム日記だったりちょっとした解説だったりはては制作だったりするブログです

PUBG:各武器使用感

PUBG、最近のアプデで新武器VSSが出て来ました。 そこでふと思ったのですが、意外と武器関連の情報が少ないなと。 まあ何が拾えるかは本当に運ですし、補給物資にありつけても中身がTommyGunとアドレナリンだけ・・・とか目的の物をきちんと拾えるとは限らないのが原因でしょうか?

とはいってもある程度知識があったほうが良いことあいいです。 もちろん自分が一番使いやすいものを使うのがベストである点は忘れないでください。 あと自分の感覚で書いていくので使用感とかは違ってたりするかもしれません。

ハンドガン

  • P92・・・9㎜弾を使用するハンドガン。 総弾数も拡張マガジンがなくても十分ありとりあえずもって置いて損はないはず。 ライフルやショットガンを拾うまでの繋ぎには十分。
  • M1911・・・45APC弾を使用するハンドガン。 45APCを使う武器はこれとVector、あとTommyGunの3つだけなので弾の使いまわしはほとんどできない。 威力は高いが連射しすぎると総弾数7発の関係上一瞬で弾を使い切ってしまう。 拡マガがあるといい。
  • R1895・・・7.62㎜を使用するリボルバー。 ハンドガン用のサプレッサーをつけることができる。 ラグの関係上弾を確実に当てるのは難しいが自信があるなら使うのもいい。 威力はかなり高く、ヘルメットなしの相手ならヘッドショット一撃で倒せる。

 

どれがいいかと言われると、とりあえず弾をばら撒けるP92をお勧めしておきます。 あとハンドガンを使うときは一人称は見ずらいので3人称で戦うほうがいいかもしれません。

ショットガン

  • S686・・・2発装填のショットガン(連打するとなぜか3発目を撃てる時がある。当たり判定もあるがリコイル制御ができないので実用性は低い)。 チョークを付けると集団性がかなり上がり近距離なら一撃も十分狙える。 ただし2発しかないので倒しきれなかったら反撃でやられる可能性が高い点は注意。
  • S1897・・・ポンプアクション式のショットガン。 2発目の出が遅い欠点をカバーできれば拾える確率のわりに優秀な兵器。 チョークを付ければ集団性があがるのはS686と同じで一撃も十分に狙えるようになる。 また少し離れているくらいの敵であれば当たるようにもなるのでそれなりに戦えるようになる。
  • S12K・・・連射できるショットガン。 個人的に1,2位を争うくらいには好きな兵器。 これをもっていればラグ以外で近距離戦で撃ち負けることはほとんどなくなるくらいには優秀。 チョークを装備できず有効射程はかなり短いので実質的に室内か遠距離戦がほとんどなくなる終盤専用になる。

 

ショットガンは癖が強くきちんと弾を当てれる人でないと真価を発揮できません。S12Kは中距離戦は絶対できませんし、S686やS1897は初弾を外すと致命的です。 とはいっても3人称視点があるので扱いやすさは悪くありません。 何より精密にエイムをする必要がないのでパニックさえどうにかなるならメインで使うのもいいと思います。 

サブマシンガン

  • UMP9・・・9㎜を使用するサブマシンガン。 通称「ウンピー」。 扱いやすさ抜群でグリップとかサプレッサーを付ければ最後までメイン武器として使えるくらいのどんな場面でもそつなくこなせる優等生。 そこ器用貧乏とか言わない 弾も入手しやすい9㎜なので弾不足が起きにくいのも魅力。 他に持っておきたい武器がないならとりあえず持っておくのも手。
  • Micro Uzi・・・同じく9㎜を使用するサブマシンガン。 連射力が高く反動がでかいので近距離戦向き。 銃床があれば反動がかなり抑えられるので少し離れた距離でも当てていけるようになる。 使用するなら拡張マガジンを持っておいたほうが良い。
  • Vector・・・45APCを使用するサブマシンガン。 瞬間火力が高くフルカスタマイズをしたものは滅茶苦茶強い。 欠点としてはレア武器でなかなか落ちていないこと。 総弾数13発しかないので拡張マガジンがないと運用がままならないこと、そして45ACPを確保できるのか?という問題がある。 
  • TommyGun・・・補給物資からしか出ないサブマシンガン。 総弾数100発、連射力や威力も優秀なのだが補給物資の中身としてはハズレの部類。 理由としてはサイトがつけられないので3人称でバラまくことが前提であること。 拡張性がなくフルカスタムのUMP9やVectorより扱いずらいこと。 そもそも45APCを大量に確保しておくというのはほぼ無理な点が挙げられる。

 

サブマシンガンはアサルトライフルやショットガンと比べると微妙な点があることは否定できません。 個人的にはUMP9はほかの武器や弾数が微妙な場合には必ず確保していますがあくまで好みによるものです。 UMP9とUziは結構落ちていることが多いので使い慣れているといいかもしれません。

アサルトライフル

  • AKM・・・7.62㎜を使用するアサルトライフル。 一発の威力が高く、反動も大きい。 7.62㎜は弾の確保が5.56㎜や9㎜と比べると少し難しいので十分に弾薬を確保できない場合はほかの武器に変えたほうが良い場合もある。 反動が苦手な人は単発のみでの運用を推奨
  • M416・・・5.56㎜を使用するアサルトライフル。 何もアタッチメントがない状態だと反動が大きくかなり扱いづらいがフルカスタムだと化ける。 反動が左上に跳ねる癖があるので壁に撃って安定して当てれるように練習したほうが良い。 グリップはバーティカルフォアグリップを付けた方が当てやすくなる。
  • M16A4・・・5.56㎜を使用するアサルトライフル。 このライフルのみの特徴として単発と3点バーストのみという点がある。 3点バーストを使うときは近距離以外は連射しないほうがいい。 反動が左右にブレまくるので止まって撃っても全く当たらなくなる。 初弾の反動は素直なのでアタッチメントがなくても当てていくことは可能。
  • SCAR-H・・・5.56㎜を使用するアサルトライフル。 個人的に一番見かけることが多いアサルトライフル。 性能は良くも悪くも平凡。 見かけることは多いはずなのである程度扱えるようにしておいたほうが良い。 

 

アサルトライフルはこのゲームをやっていれば一番お世話になることが多い武器です。 近距離戦から長距離の狙撃合戦までサイトやスコープを持っていれば十分にこなせます。 AKMは8倍スコープを付けて狙撃運用しても強いですし、フルカスタムM416一本で全ての状況をこなす・・・みたいなことも可能です。 サイトかスコープがないと人によってかなり見ずらいものがあるのでそれもできる限り確保するのも視野に入れたほうが良いです。

マークスマンライフル

  • SKS・・・7.62㎜を使用するアサルトライフルとスナイパーライフルを足して2で割った感じのセミオートライフル。 AKMを狙撃運用するのと比べるとどうしても見劣り感がある(マガジン容量がAKM30発、SKS10発)。 セミオートなので当然連射できない。 クリック連打に自信がある人以外はこの武器で近距離戦はやめよう。 アタッチメントがスナイパー用の物になる点も地味な欠点。 

 

正直に言って現在のところあまり使いどころを生かせない武器です。 こいつでできることはアサルトライフルでできますしスナイパーみたいにヘルメット持ちを一撃で倒せるみたいな強みもないです(というかここがかなりつらい)。 愛着がある人以外はあまり優先度は高くないかもしれません

スナイパーライフル

  • AWM・・・補給物資から限定のマグナム弾を使用するスナイパーライフル。 Lv3ヘルメット持ちであってもヘッドショットで一撃で倒せる素敵なスナイパー。 スコープがないとまともに狙えないので運よく手に入ったら高倍率スコープで運用しよう(補給物資で大抵一緒に8倍か15倍スコープが入っている)。
  • M24・・・補給物資から限定の7.62㎜を使用するスナイパーライフル。 実は拾ったことがなく開始前で置いてあるやつを少し使った感じでは特に何か強みがあるのかどうかはわからなかった。 アタッチメントは豊富なのでフルカスタム運用ができれば強いはず。
  • Kar98k・・・7.62㎜を使用するスナイパーライフル。 これはあちこちに落ちているのでスナイパーを使いたいならこれを狙うのが現実的。 性能はM24とほぼ同じといっていいと思う。 マガジン式ではなく一発ずつ装填する形なのでリロードに時間がかかる点は注意。 こちらもヘッドショットで一撃で倒せるのはLv2ヘルメット持ちまで。
  • VSS・・・9㎜を使うスナイパーライフル。 デフォルトでサプレッサーとスコープがついている。 弾速がかなり遅いので当てるにはコツがいる。 フルオートでも撃てるので弾倉は10発しかないが一応近接戦闘もできなくはない。 一部ではSKSの劣化という声も。 威力が低いのでアサルトライフルがあるならそちらのほうが良い。

 

スナイパーはラグが強いこの現状では完全に生かすというのは厳しいです。 ある程度連射がきくアサルトライフルならある程度この問題は解決できるのですが、連射がきかないスナイパーではカクつく豆粒に当てるのは至難の業です。 だからといってお互いの姿がはっきり見える距離ではサブマシンガンやアサルトライフルの方に軍配が上がります。 止まってる敵には容赦なくヘッショを決めていきましょう

ライトマシンガン

  •  M249・・・5.56㎜を使用するLMG。 フルオート射撃のみできちんと指切り射撃や単発で撃つ癖をつけていない人には少々扱いづらい兵器。 アタッチメントはサイト系のみ。 人によってかなり好みがわかれるものなので使うのであればバースト射撃だけは最低身に着けておきたい。 あと隠された特徴として伏せた状態の射撃では命中率が大幅に上がる。

伏せた状態の射撃はかなり強いです。 また他の性能も結構高水準で一回に100発装填できるのでアサルトライフル代わりに運用することもできます。 個人的にはかなり好きですが人によっては全く合わない武器のような気がしますのでこれも開始前に置いてあるやつを試し撃ちしてみましょう。

投擲物

  • 火炎瓶・・・投げて地面に落ちると周りが火の海になる。 相手を炙り出すには十分なので使いどころを選べば強い。 投げようとしている最中に撃たれないように注意。
  • 手榴弾・・・要はグレネード。 これも火炎瓶とほとんど用途は同じだが、結構遠い距離に投げれるので練習しておけば終盤に役立つこと間違いなし。
  • スモークグレネード・・・終盤ではこれを持ってる方が有利になれる。 目をそらすことや直接自分の身を隠すこともできるので実はかなり優秀。 見かけたら容量が余ってる限り拾う方がよい。

投擲物を使う際の注意点として一度ピンを抜いたら武器を変えてもやめることができないので自爆します。 ピンを抜いたら投げてしまいましょう。 あとフラッシュバンもあるのですが一回消えるらしいので今回は省きます。

その他

  • クロスボウ・・・弓矢。 銃でドンパチするなかで使えるのか?というのはごもっともで装填が滅茶苦茶遅い、デフォルトのサイトが見ずらい、威力が微妙とさんざんだが実は強みが一つある。 それは防具を着ていない敵の胴体は一撃、ヘッドならLv3でも一撃という強さがある。 外せば終わりなので何とか当てよう。 あと50mから矢がかなり落ちる。
  • 近接武器・・・フライパンがあればそれを優先、それ以外ならなんでもいい。 フライパンはAWMの弾でも防いでくれるので持っておけばそれだけで奇跡の逆転が起きることがある(実話)
  • こぶし・・・鉄のこぶし。 パンチにもヘッドショット判定があり、ヘルメットがない相手には80ダメージ。 ラグで泣き目を見ることが多いので下手に相手にせず武器をさっさと拾ったほうが良い場合の方が多い。 あと伏せてる相手には当たらない。

 

こんなところですね。 あとは一通り使ってみて自分に合う武器を見つけてください。 ただし拾えるとは限りませんがw 

 

今回はここまでです。