ほうねっとのGAMEブログ

ゲーム日記だったりちょっとした解説だったりはては制作だったりするブログです

This war of mine:攻略のコツ?

※この記事はネタバレが含まれます。 また、This war of mineはいろいろわからないまま試行錯誤するのがとても面白いゲームなのでwiki含めいきなり攻略をみることはおすすめしません。

最低でも一回クリア(もしくは全滅)してから見ることを強くおすすめします。

 

 

 

 

 

↑の奴はしっかりみてくださいネ

このゲームを始めたらまずは家中のアイテムを集め瓦礫をどけてドア開けて・・・という一連の流れを1、2日でやると思いますが、ここで結構集まる資材(資材、木材)で何を作るかは誰でも迷うところです。 また、その後も資材不足に悩まされつついろいろ作っていくことになると思います。 そこでまずは優先度やお勧め度でクラフトや道具(作業台やピックext.)を紹介します。 

 

最優先

・金物工作場・・・必須。 まずはこれを作ってバールを作るまではお決まりみたいなもの。

・ベッド、(ラジオ)・・・ベッドは(人数ー1)個作る(もし資材がどうしてもなければ₋2でもいけないことはないが資材に余裕ができれば早いうちに作ることを推奨。1人の場合は1個作る)。 ラジオは冬到来などの情報を事前に知るのに役立つので作ったほうがよい。 

・作業場の改修・・・金物工作場とベッドを作ったら次はこれの制作を優先的にしたほうがよい。

 

上二つは最優先でする必要があります。 バールがないと家に複数ある家具が開けられないし、探索でも必ず使うことになるのでとりあえず一つは作らないと苦しいです。 ベッドは疲れを取るのに必須で、夜にベッドなしで寝ても疲れが残ったままになります。

それで作業場の改修ですが、改修後は作れるものが増えます。 そこからは各プレイスタイルやロールプレイングで分かれてきます。 それでも一つだけ優先する必要があるものがあります。

 

優先度A+

 ・バリゲード・・・これを他の物を作りながら3つ作る。 襲撃から身や物資を守る事に関して詳しくは後述するが、バリゲートで3ヵ所の穴を塞いでるかが非常に重要になる。 序盤で作るのには結構な負担になるが、後々の事を考えると優先度は非常に高い。

・金物工作場の改修+斧・・・これもかなり重要。 改修をするとのこぎりや壊れたハンドガンの修復など重要度が高い作業が可能になる。 武器は襲撃犯を追い返すためにも最低人数分があったほうがよい。 それで斧があれば探索先はもちろん隠れ家の家具を壊して木材や燃料が手に入る。 あと説明文に不穏なことを書いてあるように近接武器としてもすごく強い。

 ・(暖房+改修)・・・冬になる前2つ作る。 あと改修もセットで行う。 改修しないと燃費が非常に悪く燃料不足を避けられなくなるので必ず行う。 それまでに作業場を2段階改修したりしないといけなかったり(改修に必要なものを作るため)と油断してると冬将軍に間に合わないのでラジオや左上に書いてある気温をしっかり確認しておく。 

 

さっき言った優先しないといけない物とはバリゲートの事です。 トレーダーをうまく活用しつつ資材をかき集めて作りましょう。 金物工作場を改修することでのこぎりと斧を作れるようになり探索をしていく内でかならず使うので斧は一つ、のこぎりは必要に応じて随時作りましょう。

暖房に関しては必要になる前に作るというのでも間に合わなくはないです。 ただし数日材料をかき集めるのに使うことになるのである程度備えが必要ではあります。 また、詳しいことは後述しますが冬になると燃料と燃料の材料の価値が上がるので節約だけでなく冬に備えてある程度燃料も貯めておいたほうがいいです。

 

優先度A-

 ・武器の類(できればアサルトライフル)・・・きちんと検証はしていないのではっきりとはいいきれないが、夜間の襲撃の際はよりいい武器やヘルメット、防弾チョッキを持っていた方が怪我率や防衛失敗率が下がる。 序盤はハンドガンを人数分+があれば確実なのだが、手に入らない場合は最悪ナイフでいいので作っておく。

・作業場+工作場をさらに改修・・・プレイスタイルによってはあまり優先する必要がない場合もあるが基本的には改修したほうが良い。 作業場を改修した後は防犯ドアを優先的に作るのが良い。 工作場の改修には暖房と同じで作業場を2段階改修しないと部品が作れないので注意。

・小動物用罠・・・戦時下なのでネズミであっても貴重な食糧。 それを肉、缶詰、腐った野菜(肥料)を使って確保する。 これを2つ作って常に稼働させれば食料にはそうそう困らなくなる。 ただし缶詰ではほぼメリットがないので基本は肥料、なければ肉を使う。 また、人によってはもっと優先度が高くなる物でもあるので必要だと思ったら作るという感じでもいいかもしれない。

 

武器に関しては主に拾うか、破損したものを直すか、奪うか各々のプレイスタイルや出現する場所によって変わりますが、とりあえず銃が人数分あることが重要です。 ここで忘れやすいのが弾で工作場を2段階改修すれば薬莢と火薬と材料で弾が作れるようになりますが、そこまでいくのには結構日数が経っているはずです。 中盤までは拾うものだけでどうにかなりますが、もし足りない場合には前哨軍基地などでトレードしてもらうといいでしょう。

作業場をさらに改修すると作れるものがさらに多くなりますが、一度も作らずに終わるものもあります。 栽培場を作らない人は温室ランプを作る必要はなかったりといった感じですね。 ただ、防犯ドアは犯罪が激化するまでには作りましょう。

小動物の罠は数日間置いておくと肉が2つ取れます。 実感があまり湧かないかもしれませんが縛りプレイか略奪上等プレイを除きほぼ使うことになります。

 

優先度B

・プレイスタイルに沿った物・・・トレードで生活物資を手に入れたいなら密造酒がおすすめ。 奉仕大好きならハーブの細工場で薬を作り病院に提供したりといった感じ。

 個人的に非殺傷、非略奪縛りならば密造酒を大量に作り適宜トレードに出すやり方がおすすめです。 食料は小動物の罠で増やしつつ必要に応じて交換でき、武器弾薬は前哨駐屯地で交換してもらえばほぼ不足しません。 必要なものを適切に判断できるようになれば長期間生き延びるのも無理ではないです。

 

今回はここまでです。