ほうねっとのGAMEブログ

ゲーム日記だったりちょっとした解説だったりはては制作だったりするブログです

BF1: 航空機を使おう2

前回の続きです。

 

航空機の種類は3種類でその中にそれぞれ3種類武装があるので合計9パターンあります。 最初は3パターンだけですがウォーポンドで買うことができます。 実際に運用する際にはこの中から目的に合ったやつを選ぶ必要があります。 

 

戦闘機はドックファイト戦闘機(デフォルト)、対爆撃戦闘機、対塹壕戦闘機の3種類です。 ドックファイト戦闘機は機銃と緊急修理の2種類だけでその名の通りドックファイトに特化した戦闘機・・・と言いたいところですが、あまりこれを使うメリットがなかったりします。 緊急修理を積んでるのは魅力的なんですが、航空機相手にするだけならほかにやりようがありますし対地は無理なので汎用性に欠けます。 航空機はやられる時はどうしようもないですし生存性は大事ですがそれだけでは不十分なのです。 なので戦闘機の場合は対爆撃か対塹壕になるのですが戦闘機では基本的に対塹壕戦闘機でいいと思います。 理由としては歩兵に効果的な爆弾を積んでるので対地をこなせる上、対空も攻撃機、戦闘機相手ならほかのものと同じようにこなすことができるからです。 これが積んでる機銃はドックファイト戦闘機と同じで他にダート爆弾とスポットフレアを積んでます。 ダート爆弾を当てるには少し慣れが必要ですが航空機の操作ができるならそこまで難しくないです。 ダート爆弾を撒いた後にスポットフレアも落とせるようになれば十分でしょう。 スポットフレアが強いのは既プレイヤーなら分かると思います、積極的にばら撒いていきましょう。 あと一つの対爆撃戦闘機は爆撃機絶対落とすマンです。 機銃も連射速度が遅い代わりに威力が高い物に代わっており対空ロケットも積んでます。 弾道が意外と素直なので近づいて全部一気に撃つ感じがいいです。 ただ爆撃機は固いのでそれだけでは落ちません。 なので全弾撃った後は機銃に切り替えて追撃するか、相手に後部機銃手がいる場合は反転離脱する必要があります。 一概にこうすればいい・・・というわけではないですが基本はこれで大丈夫でしょう。

 

短いですがここまでです。 続きは)ry